プロフィール

TEーTA

Author:TEーTA
14000ヒットありがとうございます。
イナゴ・ポケモンなどの感想・考察サイトです。

イナズマイレブンGO2クロノ・ストーンライメイのプレイ日記更新中。

NL至上主義です。
カイメイ/ジタガネ/ノエセラ/メルエリ/拓勝/レイリタetc…絶賛応援中。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ランキング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Disc4、いよいよ最後です。
EDからになります。ラスボス戦は前回です。

EDネタバレ注意!

イーファの樹が暴走する中へ、あんなに敵対したクジャを助けるために突入するジタンがかっこよすぎます…!
ほんとに当然のように助けに行くんですよね。

爆発に巻き込まれないよう脱出させてくれたのも、ミコトを通じてジタンたちがいるところを教えてヒルダガルデ3号にジタンたちを回収させたのもクジャですが…

普通はエーコの言うとおり「あんなやつ放っておけばいいじゃない!」と思いますよ。

こんな状況なのにジタンの仕草は余裕たっぷりですよねwww
腰に手を当てて悠々としてるところとか、思わず笑いそうになりましたww

根が襲いかかってくるとき、ジタンがクジャを庇うようにするのが素晴らしいです。
これでどうやって生きてたんだろうととても不思議です。

多分二人とも相当に重症だったんでしょうね。
帰ってくるのに何か月もかかっているっぽいですから、EDでイーファの樹を訪れていたミコトに発見されてそのまま黒魔道士の村あたりに運ばれて、傷が治るのを待っていたのかと。

マダイン・サリも近いですが、ミコトが二人を見つけたなら黒魔道士の村に運ばれる可能性が高いですよね。
もちろんミコトだけじゃ無理なので助けを呼んでww

クジャは死んでないと私は思っています。
ジタンが助けに行ったのですから、絶対に助かりますよ←

それにビビの子供たちを作ったのはおそらくクジャですよね。
あれ、ということはジタンはビビが止まってしまう前に彼と再会することができたんでしょうか…?

ダガーの誕生日の時点で、ジタンが生きていることを知らなかったのはダガーだけで、あとのみんなは全員あのサプライズに加担してたっぽいですから、ジタンとビビが再会していたのにダガーが知らなかったのは別におかしくないんですけどね。

ただEDのビビの語りが、いなくなってしまった人に対して語っている印象を受けたもので…

ジタンが助け出される前か、黒魔道士の村に運ばれたけどまだ目を覚まさないうちに止まってしまったのかも知れませんね。

私は確認できませんでしたが、EDにクジャがいるというのは本当でしょうか…どの辺にいるんでしょう?
一時停止ができればいいんですけど…

動画サイトに投稿されているもので確かめるのもアリですけど、それだとなんだか負けた気がしますよね←

話が前後してすみませんが、ビビの語りと共に仲間たちの幸せな様子が映されますよね。
そこでエーコがリンドブルムのシド大公とヒルダ王妃に養子として引き取られたらしいことが分かります。

ということはいずれ、エーコがリンドブルムを治めることになるのでしょうか。
代々シドという名前の王様がリンドブルムの政治を仕切っているようですが、シド大公はそんなことは気にせずにエーコを新しい指導者に据えてもおかしくない気がします。

それともこれを機に世襲制をやめ、国民が自ら指導者を選ぶように改革をするのでしょうか。
国民それぞれが自立して生きる力を持っているリンドブルムならそれでも上手くいくと思います。

ED後の未来を妄想するのも楽しいですね。
ゲームはこれで終わりだけど、FF9の世界でみんなこれからも生きていくんだなあと思うと感慨深いです。

フライヤがフラットレイ様と寄り添うのを見て2828が止まりませんでした。
「1000年かかろうとも構いませぬ。思い出などまた作り直せばいい…」とかどんだけ乙女なんですかフライヤ姐さん。どうか末永く爆発して下さい←

スタイナーとベアトリクスは言わずもがなリア充で何よりです。
そしてスタイナーが男前すぎます。

序盤の「うるさいおっさん」がこんな「守るべきものを持った騎士」に成長するなんて、誰が想像できたでしょうww
アレクサンドリアは安泰ですね。

サラマンダーはなんだかんだでラニと上手くいってるみたいです。
エーコを連れていたせいでロリコン疑惑をかけられたりフライヤとよく絡んでたり、女好きを公言するジタンもびっくりのフラグ立てっぷりでしたが最終的にはやはりラニでしたか。

個人的には記憶の場所へ突入する時などに、ラニにも応援に来てほしかったかなと思います。
マダイン・サリにいたんだから無理だろという突っ込みはなしですww

あとトット先生にも。
彼が記憶の場所に来るのは無理がありますけど、せめてEDでダガーに一声かけて頂けたら…

ちなみにクイナは相変わらずです。
あのままアレクサンドリア城でコックとして働けばいいんじゃないですかね?ww

「ボクの記憶を空にあずけにいくよ…」
とか…ビビ…うわああああああ(;ω;`)ブワッ

誰かの記憶の中に存在する限り、死んでも生き続けるとジタンが言っていました…
ビビのことはきっとこれからジタンたちやビビの子供たちがずっと語り継いで行くでしょうから、会えなくてもずっと一緒ですよね…!

決してビビは可哀相じゃない、というか可哀相なんて言葉でビビのことを片付けたくないです。
むしろビビは短い生をジタンたちと一緒に精一杯生きられて幸せだったと思います。

トランスが出来るということはビビにも魂があったと考えて良いですよね。
ではいつかビビの魂が巡って再び命を得て、みんなと再会することがあると信じてもいいですよね。

EDは本当に涙腺崩壊です、2回目なのにボロボロ泣いてました私。

最後のジタンとダガーが再会した瞬間にどんなことを言ってるのか分からないのがいいですよね。
私にはジタンがいつもの調子で軽口を叩いて、ダガーが「バカ!」と言っているように見えます←

「ただいま帰りました女王様」とか言ってたら萌えます、全俺がww

このあと私はジタンとダガーが結婚すると思っています。
ジタンは放浪癖があって女好きだけど国民から慕われるいい兄貴な王様になると思います←

ということでビビのことなど重い話もありましたが、最後には希望と明るい未来を感じられる素晴らしいEDでした。
またいつか3週目をやりたいです。

何度も何度もやりたくなるゲームに出会ったのは久しぶりです。
とにかく世界観のクオリティが桁違いです。本当に細部までよく作り込まれています。

温かくて優しい、でも少し切ないといった感じです。
目を逸らしたくなるようなことや理不尽なことがあっても、それでも希望を失わずに未来へ向かって生きていくしかないということがFF9の世界から伝わって来ました。

乗り越えられないことはないんだなあと思えます。
生きる力はすごいです。

FF9を探して何件もbook-offを回っても見つからず、最終的にAmazonさんで新品を注文するという手間をかけた甲斐がありました。
出会えて良かったです。

FFファンの方で9をプレイしていないという方には全力でおすすめしたいです。
ちょっと戦闘開始時などのロードが長いですが、そこは慣れればほとんど気になりません。

これで私がまだプレイしていないFFは1,2,5,6となりました(オンライン作品除く)。
今はFF12インター版をやり直していますのでしばらく未プレイのFFに手を出すことは出来ませんが、次は6をやろうかと思っております。

実は父がWiiにスーファミ版のFF6をダウンロードしていたので、お金をかけずにすぐプレイできるのですww
スーファミ版ということでグラフィックはアレですけど、ゲームとしての面白さに美麗なグラフィックは不可欠な条件ではありませんから。

1,2,5はどうやって手に入れたら良いかまだ全然分かりません。
色々なハードに移植されているみたいですが、それにしてももう店頭で手に入れるのは無理でしょうね。

何と言っても原作がファミコンとスーファミで発売されたのが、私が生まれるより前の話です。

またAmazonさんに注文することになるでしょうか…出来るだけお金はかけたくない、というよりかけられないのですが←

WiiやPS3ストアからのダウンロードでもいいですね。
その場合は親の許可をとらないといけないのが厄介ですけどww

次のプレイ日記は間が空きますが12月発売のイナクロになるかと思います。

FF9、長かったですがここまで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://ichizeroyonichi.blog69.fc2.com/tb.php/261-12779a4d

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。